【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングTOP3

このページではシミを消すクリームについて詳しく書いています。

 

【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST3

 

シミ消しクリームをお探しの方
シミに効くクリームってあるの?

 

という方の参考になれば幸いです。

 

 

シミにクリームは効くの?

シミ対策なら「シミ消しクリーム」が一番おすすめです。

 

【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST3

 

シミ消しクリームは美白クリームとも呼ばれ、配合されている成分によって、「シミの原因になるメラニンの生成を抑制するもの」「メラニンの色素を薄くするもの」「ターンオーバーを促してメラニンを排出する」などの働きがあります。

 

シミ消しクリームを選ぶときに大切なのは、

  • シミに効く成分が入っているか
  • 保湿成分が入っているか
  • 肌に合うかどうか

です。

 

シミを消したいなら、シミを薄くしたいなら、シミに効く成分が入っていないと効果を実感することができません。

 

皮膚科のシミ治療でも使わているハイドロキノンや、厚生労働省が認可した美白有効成分のアルブチンが入っているとシミへしっかりアプローチすることができます。

 

次に、シミ対策と同時に忘れてはいけないのが保湿対策です。

 

乾燥している肌は、成分の浸透が良くないので、シミへの効果を実感するのに時間がかかってしまいます。

 

ですから、肌の表面だけでなく、肌の奥までうるおいを与えられる成分が配合されているかチェックしましょう。

 

最後に、あなたの選んだシミ消しクリームが肌に合うかどうかです。

 

シミ対策は、どんなに高価で美白成分が入ったクリームでも、数日で効果を実感できるものではありません。

 

数ヶ月、ときにはもっと長期間に及ぶことも考えられます。

 

ですから、レギュラーサイズの商品を買う前にトライアルセットで肌との相性を確認するといいでしょう。

 

 

おすすめシミ消しクリームランキング!

 

シミ消しクリーム1位 ビーグレン|QuSomeホワイトクリーム1.9の特徴

・今あるシミを消すハイドロキノンを配合
・独自の浸透テクノロジーがシミに直接届いてアプローチ
・使うたびに肌の透明感がアップする
・そばかす、肝斑、色素沈着に効くナイトクリーム
・薬学博士が開発したサイエンスコスメで、リピート率は驚異の98.5%
・7日間のトライアルセットあり

【美白成分】
・ハイドロキノン
・ビタミンC誘導体
・βホワイト

【保湿成分】
・スクワラン
・ハイビスカス花発酵液
・ゲンチアナ根エキス

【トライアルセット(7日分)】
・クレイウォッシュ(15g)
・QuSomeローション(20mL)
・Cセラム(5mL)
・QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)
※365日返金保証付き

価格 6,000円(15g)/トライアルセット1,800円(7日分)
評価 評価5
備考 送料無料
税別
シミ消しクリーム1位 ビーグレン|QuSomeホワイトクリーム1.9の総評

シミへの効果が最も高いと言われるハイドロキノンを配合したシミ消しクリームで夜だけ使用します。ビーグレン独自のブライトニング成分「QuSomeR化ハイドロキノン」がシミへ直接届き働きかけ、気になるシミを薄く目立たなくしてくれます。

使うたびに肌に明るさと輝きをもたらしてくれるクリームは、さらりと軽い感触で肌に広がり、べたつかず肌へなめらかになじんでくれます。シミへの効果は期待できるのに、刺激が少なく安心して使うことができるのが特徴です。

ビーグレンのリピート率は98.5%と高く、今まで何を使ってもシミへの効果を実感できなかった方こそおすすめです。

 
 

シミ消しクリーム2位 サエル|ホワイトニング クリーム コンセントレートの特徴

・敏感肌、乾燥肌でも使える薬用美白クリーム
・独自の技術で肌表面を包み込み、うるおいを閉じ込め高い保湿力をキープ
・抗炎症有効成分にグリチルリチン酸2Kを配合し、肌荒れを防ぎ肌のターンオーバーを正常にする
・ストレスがシミを加速するため、ストレスバリアコンプレックスCL® で肌の内側からケアして透明感のある肌へ導く
・10日間のトライアルセットあり

【美白有効成分】
・アルブチン

【保湿成分】
・グリセリン
・桃葉エキス
・リンゴ酸ジイソステアリル

【トライアルセット(10日分)】
・薬用美白化粧水(20mL)
・薬用美白美容液(10mL)
・薬用美白クリーム(9g)
・CCクリーム(1回分)
※30日返金保証付き

価格 5,940円(30g)/トライアルセット1,480円(10日分)
評価 評価4.5
備考 【医薬部外品】
送料無料
税込
シミ消しクリーム2位 サエル|ホワイトニング クリーム コンセントレートの総評

サエルのホワイトニング クリーム コンセントレートは、敏感肌・乾燥肌の方でも安心して使える肌にやさしいシミ消しクリームです。シミに効く成分にはアルブチンを配合し、厚生労働省が認可した医薬部外品の美白化粧品です。

ストレスがシミを加速させていることから活性酸素によるシミ発生メカニズムに着目し、パルマリンで角層をサポートし、ジンセンXで血行改善、そして ムラサキシキブエキスで環境ダメージから肌を守り、透明感のある肌へと導いてくれます。

サエルは香り成分に、やさしい香りのローズと爽やかな香りのローズマリーを採用し、天然植物成分のみを使用しています。ポーラ研究所が厳選した成分だけで作り上げたホワイトニングクリームは、今まで敏感肌でシミケアをあきらめていた方でも安心して使える美白クリームです。

 
 

シミ消しクリーム3位 アスタリフト|ホワイト クリームの特徴

・美容成分を豊富に配合した美白クリーム
・富士フイルムのナノテクノロジーが美白有効成分をシミへ届けて働く
・肌荒れ有効成分にグリチルリチン酸ジカリウムを配合し、肌のターンオーバーを促進する
・軽やかなクリームが美白成分&美肌成分を閉じ込めて、肌に透明感とハリを与える
・5日間のトライアルセットあり

【美白有効成分】
・アルブチン

【保湿成分】
・3種のコラーゲン
・ナノAMA+
・アンズ果汁

【トライアルセット(5日分)】
・先行美容液(0.5g×10包)
・美白化粧水(20mL)
・美白美容液(5mL)
・美白クリーム(5g)
・UV美容液(5g)
※返金保証なし

価格 5,000円(30g)/トライアルセット1,000円(5日分)
評価 評価4
備考 【医薬部外品】
送料無料
税別
シミ消しクリーム3位 アスタリフト|ホワイト クリームの総評

富士フイルム独自のナノユニット技術で極小化したナノAMAと美白有効成分のアルブチンがシミへ届いて働いてくれます。保湿とハリをサポートするアスタキサンチンを豊富に配合しているので、シミ対策しながらハリとうるおいをキープしたい方におすすめのシミ消しクリームです。

美白クリームは軽やかなテクスチャーで肌全体をなめらかに包み、美白有効成分のアルブチンをしっかり閉じ込めてくれます。うるおい成分もたっぷり配合しているので、もっちりした輝く肌と透明感あふれる肌を同時に目指すことができます。

ランキング1位・2位のトライアルセットと比べると、お試し期間が5日間と短く返金保証がないのが残念ですが、価格は最も安くリーズナブルな価格で美白化粧品を試すことができます。

 

 

 

迷ったらコレ!ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9が一番がおすすめ!

ここまで、シミを消すクリームを3つご紹介してきましたが、私が一番おすすめなのはランキング1位のQuSomeホワイトクリーム1.9です。

 

【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST3

 

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9は、シミへの効果が最も高いハイドロキノンを配合したシミ消しクリームです。

 

通常のハイドロキノンは水溶性のため皮脂にはじかれてしまいますが、ビーグレンのホワイトクリームはQuSome®(キューソーム)の独自技術により、成分をシミの元まで届けると同時に、肌の中に長時間とどまって効果を持続させてくれます。

 

今あるシミにしっかりアプローチできるので効果を実感しやすく、リピート率は驚異の98.5%と高くなっています。

 

主要成分はシミを消すハイドロキノンのほかにβホワイトで肌の明るさを保ち、ゲンチアナ根エキスがいきいきとした肌へ導き、ハイビスカス花発酵液が肌本来の力を引き出してくれます。

 

ですから、美白化粧品にありがちなうるおい不足や乾燥を感じることがありません。

 

QuSomeホワイトクリーム1.9は内容量が15gと少なめですが、パール1粒~2粒くらいの量を夜しか使用しないので、1ヶ月強の期間使えます。

 

トライアルセットはビーグレンのホワイトシリーズをラインで7日間試すことができます。

 

送料や手数料は無料で、30日間返金保証も付いている;ので気軽にお試ししてみてはいかがでしょうか^^

 

 


365日返金保証付き

 

 

シミ消しクリームの選び方

 

【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST3

 

上の方でもシミ消しクリームの選び方について少し紹介しましたが、ここではもっと詳しい解説と美白化粧品に配合されている有効成分について説明いたします。

 

以下の5つのポイントを順番に説明していきますので、ぜひ参考になさってください。

 

  1. シミに効く成分が入っているクリームを選ぶ
  2. 保湿成分が入っているクリームを選ぶ
  3. 肌に合うクリームを選ぶ
  4. 続けられる価格のクリームを選ぶ
  5. 今あるシミ対策ならハイドロキノン配合クリームがおすすめ

 

シミに効く成分が入っているクリームを選ぶ

シミに効く成分はたくさんありますが、ここでは代表的な成分と働きを紹介いたします。

 

ハイドロキノン

・肌の漂白剤とも呼ばれるシミに最も効果がある成分
・メラニン色素の還元をおこなう働きがあり、シミを薄くする
・メラニンの生成を抑制するのでシミを予防する

アルブチン

・シミの原因になるメラニンの生成を抑える
・シミが濃くなるのを防ぐ
・肌にやさしい

ビタミンC誘導体

・メラニン色素の生成を抑え、シミを薄くする
・ターンオーバーを正常化する
・活性酸素を除去する

プラセンタエキス

・シミの原因になるメラニンの生成を抑える
・代謝を活発にし、細胞の働きを活性化する
・活性酸素を除去する

トラネキサム酸

・メラニンを生成する細胞メラノサイトの活性化を抑制する
・肌荒れを抑える
・肝斑の治療に使われている

 

アルブチン・ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・トラネキサム酸は、厚生労働省が美白に効果があると認めている美白有効成分です。

 

ハイドロキノンは美白有効成分ではありませんが、アルブチンの約10倍~100倍の美白効果があるといわれています。

 

 

保湿成分が入っているクリームを選ぶ

 

【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST3

 

「シミケア」と「保湿ケア」は、少し別物のように感じるかもしれませんが、実はとても深い関係があります。

 

肌を保湿するとキメが整い、肌の水分を保つチカラがアップします。

 

肌にうるおいがあると肌が柔らかくなり、シミに効く成分が奥まで浸透しやすくなります。

 

そして、肌にうるおいがあるとターンオーバーの乱れが整うので、シミの原因になるメラニンの排出もスムーズにおこなわれるようになります。

 

また、肌が乾燥していると紫外線の影響を受けやすいので、シミができやすくなります。

 

日頃から紫外線対策はもちろん必要ですが、紫外線ダメージを少しでも減らすために保湿対策にも力を入れましょう。

 

では、おすすめの保湿成分を紹介いたします。

 

保湿成分:セラミド

セラミドは、もともとヒトの角質層に存在し、細胞と細胞のすきまを埋めている「細胞間脂質」を構成する成分の一つです。

 

「細胞間脂質」は、天然保湿因子(NMF)を抱え込んでいる水分を間にはさみ込んで水分を逃がさない働きをします。

 

ですから、セラミドは水分保持力が高く、保湿成分の中で最も効果が高い成分の一つです。

 

セラミドはターンオーバーの過程で作られますが、ターンオーバーが乱れるとセラミドが減るので乾燥肌の原因になります。

 

セラミドは紫外線や異物から肌を守るバリア機能としての働きもあるので、不足しがちならクリームなどで補いましょう。

 

保湿成分:ヒアルロン酸

 

【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST3

 

ヒアルロン酸は、皮膚・関節・目など体内のいたるところに存在しています。

 

特に細胞と細胞の間に多く存在し、水分の保持やクッションのような役割を果たして細胞を守っています。

 

ヒアルロン酸が少ない皮膚は、水分も少なく、肌のハリもなくなって皮膚も乾燥します。

 

ヒアルロン酸は、皮膚の中では真皮に多く含まれ水分を保持してくれます。

 

保湿成分:コラーゲン

コラーゲンは皮膚に多く存在し、骨や軟骨・血管など全身に存在しています。

 

コラーゲンは肌に高分子の膜を張ることで水分を保持する働きがあるので、肌表面のうるおいをキープする効果があります。

 

さらに、お肌の張りや弾力をキープする働きもあります。

 

保湿成分:スクワラン

スクワランはスクワレンに水素を添加して安定化させた成分です。

 

スクワレン皮脂膜の成分で、皮膚表面の水分蒸発を防いで乾燥や紫外線から肌を守る働きがあります。

 

もともと肌にある成分なので、浸透力が高く、すばやく肌になじみます。

 

スクワランはクワレンの分子構造を安定化させているので保湿効果が高く、刺激か少ないのが特徴です。

 

保湿成分:グリセリン

グリセリンは、肌の常在菌の表皮ブドウ球菌が皮脂を分解して作る成分です。

 

体内に存在するものなので、安全性が高い成分といえるでしょう。

 

グリセリンは吸湿性と保湿効果があり、肌にグリセリンを塗布することで角質層にうるおいを与えます。

 

特にヒアルロン酸やコラーゲンと相性がいいので、一緒に使うことで保湿効果がアップします。

 

 

肌に合うクリームを選ぶ

 

【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST3

 

どんなにシミへの効果が高いクリームでも、あなたの肌に合うものでなければ使い続けることができません。

 

特に敏感肌や乾燥肌の方は、美白成分の刺激が強いと感じてしまう場合があります。

 

未然に肌トラブルを防ぐために、

 

  • 敏感肌・乾燥肌向けのクリーム
  • 肌にやさしい成分のクリーム
  • 保湿成分をたっぷり配合したクリーム
  • 日本製のクリーム
  • 返金保証が付いたクリーム

 

を選ぶといいでしょう。

 

あなたの肌に合うか見極めるためにも、まずはトライアルセットでお試ししてみるのがおすすめです。

 

当サイトではシミに効くクリームを含むトライアルセットをランキングで紹介しています。

 

 

続けられる価格のクリームを選ぶ

 

【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST3

 

シミを消すクリームを使う目的として、「シミを薄くする」「シミを予防する」が多いかと思います。

 

そのためには、シミの原因になるメラニンの生成を抑えたり、ターンオーバーを正常化してメラニンを体外へ排出する時間が必要です。

 

シミができている状態や肌が乾燥しているときはターンオーバー周期が乱れていることが多いため、正常に戻るには数ヶ月かかります。

 

そして、シミの予防に力を入れるなら季節を問わず一年を通して対策することで効果を得られます。

 

シミケアは長期間に及び長く使用する点から、高い化粧品を数ヶ月使うより、長く使い続けられる価格のものを選ぶようにしましょう。

 

 

今あるシミ対策ならハイドロキノン配合クリームがおすすめ

 

【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST3

 

今すでにあるシミを消したいなら、ハイドロキノンを配合したクリームがおすすめです。

 

ハイドロキノンは医薬部外品ではありませんが、皮膚科や美容外科でシミの治療に使われる成分で、シミへの効果をしっかり実感できます。

 

ハイドロキノンはシミの原因であるメラニン色素の生成を抑制し、メラニン色素を生成するメラノサイトに働きかけ減少させてくれます。

 

これからできるシミを予防するだけでなく、すでにできているシミを薄くする効果があるのが特徴で、美白成分の中で最もシミへの効果が高い成分です。

 

ハイドロキノンは高濃度で使用しない限り、白斑など副作用の心配はありません。

 

ただし、1~2%濃度のハイドロキノン配合クリームでも敏感肌の方や肌が弱い方は刺激を感じたり、赤みが出てくることがあります。

 

当サイトでは、ハイドロキノンを配合していても肌にやさしいシミ消しクリームを紹介していますが、肌が弱めの方はパッチテストをしてから使用するのがおすすめです。

 

 

シミ消しクリームの効果を高める使い方

シミ取りクリームなどスキンケア商品は、使い方やポイントを理解しておくことで肌トラブルを防ぐことができます。

 

正しい使い方を知り、シミへの効果を最大限に高めましょう。

 

 

洗顔後の清潔な肌に使う

 

【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST3

 

当たり前かと思うかと知れませんが、洗顔後の清潔な肌に使いましょう。

 

面倒だからとクレンジングを使わなかったり、洗顔後のすすぎが不十分なままだと、肌に化粧品が残ってしまいます。

 

メイクはしっかり落として、化粧水や美容液で肌を整えましょう。

 

また、肌が乾燥していると、クリームが肌の奥まで浸透しません。

 

保湿して肌を柔らかくすることで、クリームが浸透しやすくなります。

 

 

使用量を守る

クリームの使用量を守りましょう。

 

効果を実感したいからといってクリームを多く使っても、シミが早く消えるわけではありません。

 

逆に節約してクリームの量が少なすぎては望む効果を見込めません。

 

化粧品にはメーカーが推奨する適量があります。

 

適量を使用することで肌への負担もなく、効果を十分に発揮することができます。

 

 

使用頻度を守る

 

【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST3

 

シミ消しクリームは化粧水や乳液と異なり、夜のみ使用するものがあります。

 

ハイドロキノンやビタミンC誘導体 などが含まれているクリームの中には、紫外線の影響を受けるタイプのものがあります。

 

夜用のクリームを朝も使ってしまうと、シミができやすくなることもありますので、商品の説明書や使用上の注意を確認しましょう。

 

 

シミの種類と原因

 

【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST3

 

シミにはたくさん種類があります。

 

シミができる原因は体質や環境など様々なので、改善方法も異なってきます。

 

ここではよく見聞きするシミの種類と原因についてご説明いたします。

 

 

老人性色素斑

老人性色素斑は日光性色素斑とも呼ばれ、紫外線など外部からの刺激によりメラノサイトが働き、メラニンが生成されてできるシミです。

 

「シミ」といえば老人性色素斑のことを指すことが多く、日光のあたる部分にできるので顔や手の甲・腕などにもみられます。

 

色は茶色で形は定まっておらず、大きさは数ミリから数センチに及ぶことがあります。

 

老人性色素斑の初めは色が薄く目立ちませんが、少しずつ色が濃くなります。

 

通常は平らですが、時間とともに膨らみを持つことがあります。

 

老人性色素斑は長期間のメラニンの蓄積が原因なので、自然治癒は難しいと言われています。

 

 

炎症後色素沈着

 

【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST3

 

炎症後色素沈着はニキビ・湿疹・虫刺されなど、炎症が起きた後にできるシミです。

 

新しい細胞を生成する中で刺激を受けたメラノサイトによるメラニン生成が原因なので、細胞の生成スピードが正常になるとターンオーバーによって自然治癒する可能性があります。

 

炎症後色素沈着はシミの中でもシミ消しクリームなどのセルフケアで改善しやすいシミの一つです。

 

 

肝斑(かんぱん)

 

【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST3

 

肝斑(かんぱん)は頬骨に沿ってできる左右対称のシミです。

 

30代~40代の女性でピルを飲んでいる方や妊娠中に多くみられることから、女性ホルモンと関係性があるといわれています。

 

肝斑は閉経すると消えることが多いですか、それまでは自然治癒しにくいのが特徴です。

 

 

そばかす

 

【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST3

 

そばかすは雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれ、肌にできた茶色で数ミリの小さな斑点です。

 

そばかすの多くは鼻と左右のほほを中心に現れますが、紫外線を浴びやすい場所にできるという特徴から、顔以外にもデコルテ・首・肩にできることがあります。

 

遺伝的な要素が強いので子どものころからそばかすが出る人が多く、紫外線をよく浴びる人はそばかすが悪化しやすく、色白の方に多い傾向があります。

 

 

花弁状色素斑

 

【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST3

 

花弁状色素斑は強い紫外線を一気に浴びたときにできるシミで、背中や肩にできやすく赤く花びらのように広がっています。

 

色白で日焼けすると肌が赤くなる人は、花弁状色素斑が出やすいのが特徴です。

 

時間とともに薄くなることもありますが、痕が残ってしまうこともあります。

 

 

シミ消しクリームでケアできるシミ

シミの種類 シミ取りクリームによる効果
老人性色素斑
炎症後色素沈着
肝斑
そばかす
花弁状色素斑 ×

 

シミを薄くする、シミを目立たなくしてくれる「シミ取りクリーム」は、自宅で手軽にできるセルフ対策として人気です。

 

ただし、すべてのシミに効果があるわけではありません。

 

シミの種類によっては専門家による治療が必要な場合もありますので、判断が難しいときは専門医の診断を受けましょう。

 

 

>>おすすめシミ消しクリームランキングをみてみる