シミクリーム@プチプラ化粧品を選ぶ時のポイント3つ

シミクリーム@プチプラ化粧品を選ぶ時のポイント3つ

 

シミクリームはドラッグストアに行くと多くの種類があり、どれがあなたに合うのか迷うことはないでしょうか。

 

それにプチプラ化粧品は、本当にシミに効いてくれるのか気になりますよね。

 

プチプラでも美白有効成分が配合されているクリームはたくさんあり、ポイントを押さえて選べばシミへの効果を期待できます。

 

成分のほかにもシミクリームを選ぶ時のポイントをご紹介いたします。

 

シミクリームをプチプラ化粧品で選ぶ時のポイント3つ

シミクリーム@プチプラ化粧品を選ぶ時のポイント3つ

 

シミ対策でクリームを選ぶときに、気を付けたいポイントは3つです。

 

  1. シミに効く美白有効成分が配合されたものを選ぶ

  2. 保湿成分が配合されたものを選ぶ

  3. 続けられる価格のものを選ぶ

 

ポイント3つについて、順番に解説していきます。

 

シミに効く美白有効成分が配合されたものを選ぶ

美白有効成分とは厚生労働省が「メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ」と効能があること認めた成分です。

 

多くのシミクリームに配合されている「美白有効成分」の働きや効果を紹介します。

 

アルブチン

・シミの元になるメラニンの生成を抑える
・シミが今以上に濃くなるのを防ぐ

コウジ酸

・シミの元になるメラニンの生成を抑える
・抗糖化作用で黄ぐすみを改善する

トラネキサム酸

・メラニンを生成する細胞メラノサイトの活性化を抑える
・肝斑を改善する

ビタミンC誘導体

・メラニン色素の生成を抑える
・シミを薄くする
・ターンオーバーを正常化する
・活性酸素を除去する

プラセンタエキス

・シミの元になるメラニンの生成を抑える
・代謝を活発にし、細胞の働きを活性化する
・活性酸素を除去する

 

「シミができるのを予防したい」「シミを薄くしたい」など、あなたの目的に合った美白有効成分が入ったシミクリームを選びましょう。

 

保湿成分が配合されたものを選ぶ

 

シミクリーム@プチプラ化粧品を選ぶ時のポイント3つ

 

シミケアのカギは、保湿にあります。

 

シミケアと保湿ケアのどちらが大切か?というと、スキンケアの基本は「保湿」です。

 

つまり、保湿は肌を守るケアで、シミ対策は肌に変化を起こす&改善する攻めのケアです。

 

ちゃんとしたベースの肌があってこそ、美白有効成分が働いてくれます。

 

肌がうるおい不足だと、成分の浸透力が悪くなるだけでなく、ターンオーバー周期も遅くなります。

 

そうなると、新陳代謝で排出されるはずのシミが肌にとどまってしまうので、シミへの効果が実感できません。

 

シミクリームは美白有効成分に加えて、保湿成分もたっぷり配合されているものを選びましょう。

 

続けられる価格のものを選ぶ

シミクリーム@プチプラ化粧品を選ぶ時のポイント3つ

 

ドラッグストアや薬局には、プチプラなシミクリームがたくさん並んでいます。

 

プチプラなら、ケチることなくたっぷり使えますよね。

 

「高いシミクリームが良い」「安いシミクリームは悪い」というわけではなく、美白有効成分が配合されていて、あなたの肌に合うものならプチプラでもシミへの効果を十分期待できます。

 

ターンオーバーのことを考えると、最低でも3ヶ月は使い続けることができるシミクリームを選びましょう。

 

 

 

美白有効成分を配合したプチプラのシミクリーム

 

モイスチュアマイルドホワイト クリーム/コーセーの特徴

【美白有効成分】
・高純度ビタミンC誘導体

【保湿成分】
・ローヤルゼリー
・ヒアルロン酸
・コラーゲンGL

【特徴】
シミの予防に加え、今あるシミにもアプローチします。コクのあるクリームでやさしい使い心地です。

価格 870円~
評価 評価5
備考 <医薬部外品>
 
 

プラセホワイター 薬用美白エッセンスクリーム/明色化粧品の特徴

【美白有効成分】
・プラセンタ

【保湿成分】
・コラーゲン
・ハトムギエキス

【特徴】
伸びの良いクリームが肌の奥まで浸透し、シミを防ぎ透明感溢れる肌へ導きます。

価格 1,188円
評価 評価4.5
備考 <医薬部外品>
 
 

ケシミンクリーム/小林製薬の特徴

【美白有効成分】
・ビタミンC誘導体
・ビタミンE

【保湿成分】
・ホオノキエキス
・プルーン酵素分解物

【特徴】
有効成分が角質のすみずみに浸透し、シミの予防から今あるシミにも働きかけます。

価格 1,944円
評価 評価4
備考 <医薬部外品>
 

 

 

 

まとめ

化粧品は万能薬ではないので、誰にでも合うものはありません。

 

同じシミクリームでも人によって、肌の浸透力が異なります。

 

処方やテクスチャーが異なれば、使い心地も変わってきます。

 

大切なのは、あなたの肌に合うものをみつけて使い続けることです。

 

当サイトではシミクリームが入った美白化粧品のトライアルセットを紹介しています。

 

シミクリーム@プチプラ化粧品を選ぶ時のポイント3つ