シミ予備軍 消す

肌に潜む【シミ予備軍】を消す|自分でできるセルフ対策

肌に潜む【シミ予備軍】を消す|自分でできるセルフ対策

「今は、シミがないから大丈夫!」と安心していませんか?

 

誰の肌にも「シミ予備軍」はあります。

 

でも「シミ予備軍」を消すことで、シミができるのを防ぐことができます。

 

ここでは、シミ予備軍のチェック方法、自宅でできるセルフ対策を紹介しています。

 

シミ予備軍とは?

肌に潜む【シミ予備軍】を消す|自分でできるセルフ対策

 

「シミ予備軍」とは、これからシミになる可能性がある、肌の奥にあるメラニン色素のことです。

 

紫外線を浴びると、肌を守るためにメラニンが作られます。

 

つまり、年齢や性別に関係なく、誰でもシミ予備軍をもっています。

 

正常に肌のターンオーバー(新陳代謝)がおこなわれていれば、メラニンは排出されるので問題ありません。

 

肌に潜む【シミ予備軍】を消す|自分でできるセルフ対策

 

しかし、紫外線を大量に浴びすぎたり、ターンオーバーがスムーズにおこなわれていないと、

 

本来はがれ落ちるメラニンが皮膚に残ってしまいます。

 

その結果、色素沈着を起こし、シミとなります。

 

シミを作らないためには、「シミ予備軍」を消し、シミを肌の表面に出てこないようにすることが、最善のシミ対策になります。

 

 

シミ予備軍のセルフチェック方法【その1】

肌に潜む【シミ予備軍】を消す|自分でできるセルフ対策

 

シミ予備軍は、特殊な機械を使って、見ることができます。

  • 百貨店の化粧品売り場
  • 美容クリニック
  • エステサロン

などにある、肌の診断機器を使うと、簡単にチェックできます。

 

たいてい無料で、シミ予備軍のチェックをしてもらえます。

 

ただし、その後に化粧品やサービスの購入を勧めらることが多いので、少し敷居が高いですよね…

 

でも、大丈夫です!

 

肌に潜む【シミ予備軍】を消す|自分でできるセルフ対策

 

今は、スマホのカメラでシミ予備軍をチェックできます^^

 

アプリをダウンロードする必要がありますが、スマホを使って手軽に肌分析をおこなうことができます。

 

 

シミ予備軍のセルフチェック方法【その2】

肌に潜む【シミ予備軍】を消す|自分でできるセルフ対策

 

シミ予備軍をチェックしたら、次はシミができやすい生活を送っていないか、生活習慣をチェックしましょう!

  • 日中、外で過ごすことが多い
  • 短時間の外出なら、日焼け止めを塗らない
  • 若い時に、紫外線を大量に浴びていた
  • 敏感肌で肌荒れしやすい
  • 肌がくすんでいる
  • 化粧のりが悪い
  • 食生活が乱れている
  • 睡眠不足が続いている
  • ダイエットで栄養不足の食事をしている

この中で当てはまるものがあったら、シミ予備軍が増えている可能性があります。

 

生活習慣を改めて、すぐにシミ対策しましょう!

 

 

シミ予備軍は、早めに消すことが大切!

シミ予備軍は目に見えませんが、誰の肌にもあります。

 

「シミ」となって、肌の表面に現れる前に、「シミ予備軍」の間に対策して消した方が、

 

ずっと時間と手間、そしてコストも安くすみます。

 

「シミ」はできる前に予防する方が、簡単でラクなんです!

 

次の項目では、自分でできる「シミ予備軍」の消し方を紹介しますね^^

 

 

シミ予備軍を消す有効な対策

シミ予備軍を消す、セルフ対策は5つあります。

  1. 紫外線対策を徹底する
  2. 摩擦に気をつける
  3. 睡眠時間をしっかり取る
  4. ターンオーバーを正常化する
  5. 美白化粧品を使う

それでは、5つのセフル対策について、詳しく解説していきます^^

 

紫外線対策を徹底する

肌に潜む【シミ予備軍】を消す|自分でできるセルフ対策

 

シミ予備軍を作らないために、まずは紫外線対策を徹底しましょう!

 

紫外線は一年中、降り注いでいます。

 

短時間の外出時はもちろん、洗濯物を干すときも、必ず日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。

 

日焼け止めを塗っても油断せず、「日傘・帽子・手袋・サングラス」を着用し、紫外線が直接肌へ当たらないように気をつけます。

 

また、休日など一日中、室内で過ごすときであっても、紫外線対策を忘れてはいけません

 

窓から、紫外線が入ってきます。

 

ばっちりメイクする必要はありませんが、ノーメイクだと日焼けしてしてしまうので、日焼け止めは塗っておきましょう。

 

摩擦に気をつける

肌に潜む【シミ予備軍】を消す|自分でできるセルフ対策

 

クレンジングや洗顔、化粧水やクリームを付けるときの力加減に注意しましょう。

 

「汚れをしっかり落とす」「キレイになりたい」という思いから、スキンケアには力が入りがちです。

 

強い摩擦や刺激は、肌の負担になるだけでなく、肌を守るためにメラニンが作られてしまいます。

 

顔のお手入れは、やさしく丁寧におこないましょう。

 

肌を摩擦しやすいのは、こんな時!

スキンケアの時に、つい肌を摩擦してしまうことは、結構あります。

 

あなたのスキンケアは大丈夫か?チェックしてみてください^^

  • クレンジングするとき
  • 洗顔するとき
  • コットンや手で、化粧水を付けるとき
  • コットンや手で、乳液を付けるとき
  • 念入りにクリームや美容液を付けるとき
  • 伸びの悪い化粧品を使っているとき
  • マッサージしているとき
  • タオルで顔を拭くとき

 

睡眠時間をしっかり取る

肌に潜む【シミ予備軍】を消す|自分でできるセルフ対策

 

美肌つくりに、「睡眠」は欠かせません。

 

しっかり眠ることで、成長ホルモンが分泌され、肌の新陳代謝を高めることができます。

 

少なくとも、6時間は眠るようにしましょう。

 

どうしても睡眠時間を確保できない場合は、睡眠の質を高めるように心がけましょう。

 

ターンオーバーを正常化する

肌に潜む【シミ予備軍】を消す|自分でできるセルフ対策

 

肌の奥にできたシミの原因になるメラニンを外に出すために、ターンオーバーを正常化することが大切です。

 

肌が乾燥していたり、ターンオーバーが乱れていると、シミ予備軍を外へ排出することができません。

 

保湿成分をたっぷり配合した化粧品で、肌にうるおいを与えることで、

 

ターンオーバーを促すことができます。

 

【おすすめ保湿成分】

 

・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・エラスチン
・天然保湿因子(NMF)
・グリセリン
・プロピレングリコール(PG)

 

美白化粧品を使う

肌に潜む【シミ予備軍】を消す|自分でできるセルフ対策

 

美白化粧品には、シミ予備軍を消す「美白有効成分」が入っています。

 

「美白有効成分」とは、厚生労働省がシミを予防する効果があると認めている成分です。

【おすすめ美白成分】

 

・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・プラセンタエキス
・トラネキサム酸
・エナジーシグナルAMP
・エラグ酸
・カモミラET
・コウジ酸
・ニコチン酸アミド
・マグノリグナン
・リノール酸
・ルシノール
・4MSK

 

インターネットで購入できる美白化粧品には、トライアルセットや返金保証が付いたものが多数ありますよ^^

 

肌に潜む【シミ予備軍】を消す|自分でできるセルフ対策

 

 

シミ予備軍を消す有効な対策まとめ

肌に潜む【シミ予備軍】を消す|自分でできるセルフ対策

 

シミ予備軍を消すセフル対策を、5つ紹介してきました。

  1. 紫外線対策を徹底する
  2. 摩擦に気をつける
  3. 睡眠時間をしっかり取る
  4. ターンオーバーを正常化する
  5. 美白化粧品を使う

 

上記で紹介している他に、適度な運動食生活を見直すことで、ターンオーバーを促すことができます。

 

できるところから、シミ対策していきましょう^^

 

 

シミ予備軍がシミになってしまったら…

シミ予備軍が「シミ」になってしまったら、本格的なシミ対策をしましょう!

 

化粧品は、美白化粧品に切り替えます。

 

美白成分の中で、「シミを消す、シミを薄くする」成分は2つです。

【シミを消す美白成分】

 

・ハイドロキノン
・ビタミンC誘導体

「ハイドロキノン」か「ビタミンC誘導体」が入った美白化粧品で、毎日のお手入れをしてください。

 

ただし、美白化粧品を使ったからといって、すぐにシミが消えるわけではありません。

 

少なくとも2~3ヶ月は、使い続けることが大事です。

 

そのため、最初はトライアルセットで、あなたの肌に合うか?確認してから購入するのがおすすめです^^

 

肌に潜む【シミ予備軍】を消す|自分でできるセルフ対策

 

 

まとめ

肌に潜む【シミ予備軍】を消す|自分でできるセルフ対策

 

毎日の生活習慣を改めることで、シミ予備軍がシミになるのを防ぐことができます。

 

「すでにシミになってしまった」という方には、ハイドロキノンビタミンC誘導体が入った美白化粧品がおすすめです^^

 

肌に潜む【シミ予備軍】を消す|自分でできるセルフ対策